サイコロ




チンチロリンのルール


日本でもっとも人気のあるサイコロ賭博のチンチロリン。知らない人はさっそくやってみましょう。

○一般的な流れ

  1. 親が1人、その他は子供。親が1巡したら1回戦終了。
  2. まず、親を決める。各自サイコロを1個ずつ振って、最も大きな目の人が親になる。ミニマム(最低賭け金額)とマキシマム(最高賭け金額)はあらかじめ決めておく。
  3. 子供が賭ける。
  4. 親から3個のサイコロをどんぶりの中に振る。その際の音が名前の由来。その目の組み合わせにより、いろいろな役が決まる。サイコロ3個を親・子とも最高3回まで振る権利を有する。つまり、「出目」か「役」が出るまで振るということ。


○役
「出目」という言葉をここで定義しておく。一般的な意味とは異なりチンチロリン専門の言葉。3個のサイコロのうち、2個がゾロ目だった場合、残り1個の目のことを「出目」という。たとえば、3,3,5 と出たら、5が出目である。


◎親から見た「出目」と「役」と配当




1
即負け
総付け(子供の賭け額と同額を支払う)。子供は振れない。
2〜5
子供が振って勝負
子供には、1〜6までの「出目」が考えられる。出目の大きいほうが勝ち。親が勝てば賭け金をもらえる。負ければ総付け。子供がアラシ役の場合は、下の表を参照。
6
即勝ち
総取り(子供の賭け金をすべてもらう)。子供は振れない。









特別役
(親だけ)

1,2,3
即負け
親の倍付け(親が子供全員に賭け額の2倍を支払う)。
子供にこの役をつけるルールもある。
4,5,6
即勝ち
親の倍取り(賭け金を含み賭け額の2倍を子供全員からもらう)。
子供は振れない。
アラシ役
(3個ゾロ目)

親・子供
両方に適用

1,1,1
ピンゾロ
即勝ち

2〜10倍
ゾロ目は、一律2倍とするルールと、目に応じた倍数のルールとがある。
親がアラシを出した場合、即勝ちにはならず、子供のアラシ役との比較をするルールもある。
2,2,2
ニゾロ
2倍
3,3,3
サンゾロ
2〜3倍
4,4,4
ヨンゾロ
2〜4倍
5,5,5
ゴゾロ
2〜5倍
6,6,6
ロクゾロ
2〜6倍


○その他のルール


○オプションルール(過激ルール)